天井高さを生かす方法1「2段ベッド」

すむけんの平屋は梁の上が天井高です。よくある天井高さは2400、すむけん仕様では2700です。30センチ高くなっています。
それを生かしたアイデア仕様がこの画像です。
簡単に言うと「作り付けの2段ベッド」です。
ベッド下の天井高さは約180センチ上段の天井高さは約80センチ、よくある既製品の2段ベッドよりもかなり使いやすい高さです。
下の段にはハンガーパイプを取り付けて衣類の収納や勉強机、上の段には布団やマットレスを敷いてベッドとして使えます。(幅が91センチなので通常のシングルサイズのマットレスは入りません)

この平面図で左の子供部屋はよくあるコンパクトな部屋と扉付きのクローゼット。右の子供部屋は2段ベッド仕様の子供部屋です。左の部屋は実質3.8畳しか使えません。右の部屋は使い方によっては5畳の部屋として使えます。
将来子供さんに家族ができて実家へ帰省した時に、右の部屋は4人家族くらいは泊まれます。左の部屋はそんなわけには行きません。

大きさにもよりますが、1カ所5万円前後(はしご、手すり別)から可能です。

^