TOPICS

ご予約/お問い合わせ
  • コンパクトな平屋

  • 中庭の家

  • すむところ研究所 OTEC平屋のイメージについて

    次の質問にお答えください。 1.平屋を建てるには広い土地が必要だ 2.平屋は老後に建てるイメージだ 3.2階建てと比べて平屋は価格が高い 4.平屋はプライバシーが気になる 5.平屋は圧迫感がある、暗い 6.平屋だと洗濯物 …

  • すむところ研究所 OTEC平屋をおすすめする理由

    次の質問にお答えください。 1.飯田下伊那で家を建てる予定 2.夫婦共働きである 3.子育て中またはこれから予定 4.将来の家計が心配 5.老後の暮らしが心配 6.1階に主寝室が欲しい 7.実家の2階に使わなくなった子供 …

  • すむところ研究所 OTEC第2土曜日は自由見学の日

    すむけん太田です。5月8日(土)から、毎月の第2土曜日は事前予約無くても当日予約でも見学OK。しかもスタッフは常駐しているだけで付いて回る事はありません。 既に何度か来ていただいた方でも、「じっくり見学したい」「いろんな …

  • 中庭の家

     

  • すむところ研究所 OTECグリーン住宅ポイントについて

    令和3年10月末までに住宅の新築工事をご契約の方は、国からグリーン住宅ポイントなるものを貰えます。過去にエコポイントと言う名前で同様にポイントがもらえる事がありました。過去のものはポイントで家電等と交換するという制度でし …

  • 保護中: 薪ストーブと吹き抜けの家

    この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

  • L字中庭の家

     

  • 中庭の家

     

  • すむところ研究所 OTECコスパ最強な平屋

    新型コロナウイルスによる将来の収入に対する不安から「本当はこだわりの家を建てたいけど、ローコスト住宅でもしょうがないか」なんて諦めている方いませんか? 周囲にある築30年のメーカー住宅を見てください 今から30年前、僕た …

  • すむところ研究所 OTEC平屋の価値

    「平屋は屋根と基礎が大きいから高額」確かに坪単価という単位では2階建てに比べて高くなります。確かに土地が高額な都市部(坪単価20万円等)では2階建ての方がお得です。 でも考えてみてください。1階に寝室がない間取りの家で、 …

  • すむところ研究所 OTEC感染防止対策

    OTECすむけんでは、2021/1/22現在の新型コロナウイルス飯田下伊那地域における感染状況に対応するため、お打合せ時にCO2濃度計を基準として換気を行うことになりました。衛生基準では1000ppm以下ですが、それより …

  • すむところ研究所 OTEC子育てって大変です。

    3歳と5歳、二児の父親で一級建築士の太田竜平です。 子育てって大変です。何が一番大変か?それは子供が生まれる前と比べて自分の時間と心の余裕がなくなった事だと思います。。 朝起きて家族の朝食を作り、子供が保育園へ行く支度、 …

  • すむところ研究所 OTEC新築住宅インターネットの話

    新築の住宅を建てる時に結構大切だけど後回しになりやすいのがインターネットです。「しまった」という事にならないように新築住宅の場合のインターネットの考え方をまとめました。 ネットの種類 少し前までは電話回線を使ったADSL …

  • すむところ研究所 OTEC地盤改良とは

    「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、新築の住宅を建てる場合は地盤調査を必ず行い、その結果地盤が悪ければ地盤改良をしなければならない事になっています。 地盤改良工事 写真のような重機で表面の柔らかい地盤をくり抜い …

  • すむところ研究所 OTEC上下水道の加入負担金

    新たな土地に上下水道を引く場合には、自治体によって加入負担金というものがかかります。上水道、下水道それぞれに制度が違うため別々のタイミングで支払います。また、元々家が建っていた場合、前の家の方が支払い済みで必要ない事もあ …

  • すむところ研究所 OTEC住宅ローンの保証料とは

    住宅ローンを組むと、最近ではほとんどの場合保証料がかかります。フラット35など、保証料がかからないケースもありますが、その代わりに手数料という名目で同じくらいの金額がかかることがあります。保証料はローンが払えなくなった時 …

  • コンパクトな平屋

  • 「本体価格」と資金計画

    家づくりで最も大切な要素の一つ価格。新築住宅は建売住宅でない限り、トータルの価格がなかなかわからないブラックボックスです。よく、本体価格1500万円(税別)という表示が見られますが、消費税も入ってなければいったいどこまで …

^